将来のトラブルを防ぐ|とても便利|ベビーベッドのレンタルは赤ちゃんの成長に合わせる

とても便利|ベビーベッドのレンタルは赤ちゃんの成長に合わせる

将来のトラブルを防ぐ

乳児

肌への影響を防ぐため

「子供にも日焼け止めが必要」と言われだして何年もたちますが、もちろん赤ちゃんにも日焼け止めは当然必要となります。赤ちゃんの肌は子どもに比べてもバリア機能が弱いため、紫外線の刺激をより敏感に受けてしまいます。紫外線の影響は直後には肌が赤くなる、日焼けする程度のものなので赤ちゃんの頃は何ともなくても、大人になってから赤ちゃんの頃に紫外線を受けた影響が出てきてしまう危険性がありますので、赤ちゃんと一緒に外出するときには、日焼け止めを塗っておいた方が良いと言われています。大人用の日焼け止めもありますが、入浴時に落としやすく、肌に影響を与えない赤ちゃん用の日焼け止めを準備し、それを利用するようにした方が良いと言われています。

成分にこだわろう

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ時には、成分を第一に考えるようにしましょう。自分の手や足をなめてしまうことも多いので、口に入れても安全な、化学成分が使用されていないものを選択することが大切です。また、大人ならばSPFやPAの数値が高いものを選んでしまいがちですが、赤ちゃんの場合には自分で身体を洗うことはできませんし、体温調節なども上手くできないので長時間お風呂に入れたり身体をこするのを嫌がったり、それが原因で風邪をひいてしまうなどのトラブルを引き起こす原因になってしまうことがあります。なるべくお湯や日ごろ使っているボディソープだけで簡単に落とすことができる日焼け止めを選び、汗をかいて日焼け止めが流れてしまったらこまめに塗りなおす方が良いでしょう。